結核菌 感染経路

結核菌の感染経路について等

スポンサーリンク

結核とは結核菌が原因となる感染症の事で、数多ある感染症の中でも知名度の高い感染症となっています。
日本では古くから存在が確認されている感染症で、昔は発症すると治る事のない不治の病として恐れられていました。
現在では医療技術が進歩した事によって予防方法や治療方法が確立されているので、過度に心配する必要はないです。
ただ抵抗力が落ちている人やお年寄りが発症すると重症化する事があるので、こういった人の感染には注意が必要です。
 前述したように結核は結核菌を原因とする感染症なので、人から人へとうつる場合もあります。
結核菌の感染経路については空気感染が主で、患者の咳で飛んだ飛沫を浴びる等といった感染経路で広まる事が多いです。
それ以外の感染経路としては飛沫に含まれる水分がなくなった後に、空気中を舞うようになった結核菌で感染する事があります。
そのため患者の咳を直接浴びる事が防げても油断する事なく、常に感染予防を万全にしておく事が大切だと言えます。

スポンサーリンク

 結核を発症した場合に現われる症状には発熱や倦怠感、咳等といった風邪を引いた時の症状と似たものがあります。
そのため素人が判断するのはなかなか難しく、風邪と勘違いして対処してしまう事も珍しくないです。
風邪と似た症状に加えてしつこい咳が続くような場合には、風邪ではなく結核の発症を疑ってみたほうが良いと言えます。
 結核の具体的な治療方法としては薬物療法を行なう事が多く、専用の抗生物質等が処方されます。
この時に2種類以上の抗生物質を組み合わせる事もあるのですが、これは従来の抗生物質に対して耐性がある菌も退治するためです。
 ちなみに結核菌には増殖スピードが他の菌に比べて、非常に遅いという大きな特徴があります。
そのため体内から完全に菌を無くすにも、長い時間を必要とする事が多いのが基本となっています。
一般的には定期的に痰の中に菌がいるか否かのチェック等を行ないながら、半年以上に渡って抗生物質の服用を続ける必要があるとされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加