結核 症状 鼻水

結核と鼻水の症状について

スポンサーリンク

結核とは結核菌に感染する事で発症する感染症の一種で、数多ある感染症の中でも特に有名な感染症になります。
この感染症は日本でも古くからあるもので、昔は発症すると治る事のない不治の病として恐れられていました。
現在では医療技術が発達したため、ワクチンを使った予防方法や治療方法が確立されています。
ただし抵抗力の低下している人や年配者が発症すると重症化する事もあるので、くれぐれも甘く見ない事が大切です。
 ちなみにこの疾患は上記したように感染症の一種なので、人から人へとうつってしまうケースもあります。
この感染症の感染経路は主に空気感染となっていて、患者の咳を直接浴びる等して感染してしまう事が多いです。
それ以外にも患者の咳で外へ出た菌が空気中を長い間に渡って浮遊する事もあり、この浮遊する菌を吸い込んで感染するケースもあります。
 こうした感染経路を辿ってうつるため、学校等のように集団生活をしている場では特に注意する事が大切です。

スポンサーリンク

 結核を発症した場合に現われる症状としては発熱や咳、食欲不振等といった風邪に似たものがあります。
そのため初期の段階では風邪を引いたと勘違いされる事も多く、適切な治療開始が遅れてしまう事も珍しくないです。
 この感染症と風邪を見極める一つの目安としては、鼻水が出ているか否かを確認するという方法があります。
鼻水は風邪を引いた時によく見られる症状の一つなのですが、結核を発症した時に発生する事は基本的にないとされています。
そのため咳や発熱等の症状と合わせて鼻水の症状がある場合には、まずは風邪を引いたと考えて良いとされています。
 結核の治療方法については薬物療法を行なうのが基本で、専用の抗生物質等が用いられる事になります。
ちなみに2種類以上の抗生物質を組み合わせる事も多いのですが、これは従来の抗生物質に耐性を持つ菌も逃さずに退治するためです。
 また結核菌は他の細菌類に比べると増殖スピードが非常に遅いので、治療期間についても数ヶ月単位になるのが一般的となっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加