結核 検査 ガフキー

結核検査におけるガフキーとは何か

スポンサーリンク

肺結核の初期症状は咳、痰、全身倦怠感、寝汗、微熱、食欲不振などです。
風邪の症状と似ていて特異的なものではないため、これらが2週間以上続いているならば、医療機関を受診することをお勧めします。
結核菌に感染しているかどうかはツベルクリン反応検査で調べます。
ツベルクリン液を皮内注射して、48時間後に発赤の状態によって感染の有無を判断します。
しかし、日本ではBCG接種が義務づけられているため、感染によるものかBCGによるものか判断しがたい場合があります。
それでも強陽性となった場合は感染の可能性が高くなります。
最近では、インターフェロンガンマ遊離試験(IGRA)という血液検査が普及してきています。
これも採取後48時間の時間が必要ですが、BCG接種の影響を受けないという利点があります。
結核は感染と発病はイコールではないため、発病しているかどうかは胸部X線検査をおこなって判定します。
疑わしい影があればさらにCTなどで画像診断します。

スポンサーリンク

さらに、喀痰塗抹検査をおこないます。
これは喀痰中に抗酸菌が含まれているかどうかと排菌量を調べるものです。
これが陽性であればガフキー陽性と言われます。
菌を排出している量はガフキーの号数で表され、ガフキー1号、ガフキー2号という具合に表記され、号数が大きくなるほど排菌量が多いことを意味します。
これだけでは結核菌か非定型抗酸菌かは特定できないため、喀痰培養検査をおこなってその結果を待ちます。
結核菌は増殖が遅いため、培養の結果がわかるまでには何週間かかかかります。
塗抹陽性の場合は迅速な診断のためにPCR法が行われます。
塗抹陽性、PCR法陽性であれば活動性結核の可能性が高くなります。
ガフキー陽性の場合は排菌していると考えられるため入院しなければいけません。
入院し薬物による治療を受け、排菌しなくなっていると確認できたら退院が可能です。
統計上での平均的な入院期間は65日前後であり、発病していても排菌していないと確認されれば通院で治療できます。
家族への感染の危険性については、「ガフキー号数」×「咳をしていた月数」の値が目安になります。
この値が10を超えるようであれば感染の危険性ありと考えられます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加