結核と肺炎の違い

結核と肺炎の違いについて等

スポンサーリンク

結核とは感染症の中でも特によく知られているもので、結核菌という菌に感染する事で発症します。
日本では古くから存在している感染症で、昔は発症すると治る事のない不治の病として恐れられていました。
しかし現在では医学の発達に伴いワクチン等も開発されて、効果的な予防方法や治療方法があるので過度に心配しなくても大丈夫です。
ただ抵抗力が低下している人や年配者が発症すると重症化する事もあるので、くれぐれも注意が必要だと言えます。
 前述したように結核は感染症の一種なので、もちろん人から人へとうつってしまう可能性があります。
結核は空気感染で広まる事が多いので、集団生活の場で患者が出た場合には集団感染に注意する必要が出てきます。
集団感染を予防するためにはまず最初に患者と他の人達を離す事が重要なので、患者を別室に隔離する事が大切です。
また患者の看護をする人もうつる可能性が高いので、お世話をする時にはマスクや手袋等を着用するのが望ましいと言えます。

スポンサーリンク

 結核を発症した場合に現われる症状は発熱や食欲不振、咳等といった風邪と似たようなものが多く現われます。
そのため初期の段階では風邪と勘違いしてしまう事も多く、適切な治療開始が遅れてしまう事も珍しくないです。
 病院で行なわれる治療方法については薬物療法を行なう事が多く、抗生物質等の処方が行なわれます。
ちなみに結核菌は増殖スピードがとても遅いので、治療期間が長くなってしまう事も多いとされています。
一般的には抗生物質の服用を半年以上続ける事もあるとされているため、回復を焦らずに治療を続ける事が大切です。
 ちなみに結核と肺炎の違いがどこにあるのか疑問に思っている人もいますが、結核と肺炎の違いは原因や炎症が起きる部分に違いがあります。
肺炎とは様々な原因で肺に炎症が起きる疾患の事を言い、その原因には感染症等も含まれます。
これに対して結核は結核菌に感染する事で発症した感染症の事で、肺以外にも体の様々な部分に症状が現われる事があります。
これが結核と肺炎の違いとなるため結核菌で肺に炎症が起きている場合には、これも肺炎と捉える事が出来るのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加