乳児 結核症状

乳児の結核症状の特徴について等

スポンサーリンク

結核とは感染症の中でも特に有名なもので、結核菌に感染する事で発症してしまいます。
日本では古くからよく知られている感染症で、昔は発症すると治る事のない不治の病だと認識されていました。
 しかし現在では医療技術の発達に伴い薬で予防する等の効果的な対抗策があるため、発症しても完治出来る場合が多いです。
ただ何等かの理由で免疫力が低下している人や、お年寄りが感染・発症すると重症化してしまう可能性があります。
そのため発症が疑われる場合には速やかに病院を受診して、適切な治療を受けるのが望ましいと言えます。
 ちなみにこの疾患は空気感染によって人から人へうつる事があり、集団生活等で患者が発生した場合には集団感染に注意する必要があります。
感染した疑いのある人を速やかに隔離して、世話をする人も近付く際にはマスクや手袋を着用するのが理想的です。
看護後は丁寧に手洗いとうがいをして感染を防ぎ、出来る限り菌を広めてしまわないようにする事が大切です。

スポンサーリンク

 結核を発症した場合に現われる症状としては発熱や胸痛、痰の絡んだ咳等といった風邪に似た症状が挙げられます。
そのため初期の段階では風邪と間違えてしまう事も少なくなく、治療開始が遅れてしまう事も珍しくないです。
 ちなみに、結核は大人だけではなく乳児等の幼い子供が感染・発症する可能性もあるため、くれぐれも注意する必要があります。
乳児が発症した場合に現われる結核症状に関しては、大人の場合の結核症状とは多少異なる事も多いです。
 乳児が発症した場合に現われる結核症状としては全身症状が現われる事が多く、具体的には発熱や食欲の低下等が挙げられます。
大人の咳等のような呼吸器系の症状は現われにくい場合もあるため、すぐに結核だと判断するのが難しい事もあります。
そのため少しでも様子がおかしい場合には躊躇う事なく病院を受診して、きちんとした検査を受けて確認するのが望ましいと言えます。
 ちなみに病院では薬物療法を行なう事が多く、専用の抗生物質等の投与を続ける事で治療を行います。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加