結核 咳 頻度

結核による咳の頻度について等

スポンサーリンク

結核とは感染症の一種として有名で、結核菌という菌に感染する事で発症してしまいます。
ただし菌に感染した人が全員発症するわけではなく、中には感染しながらも発症せずに過ごしている人もいます。
 この感染症は日本でも古くから存在していて、昔は発症したら治る事のない不治の病として恐れられていました。
現在では医療技術の進歩に伴いワクチン等を使った予防対策等も確立されているので、命に関わる事態になる事は減ってきています。
ただ抵抗力が低下している人やお年寄りが発症すると重症化する事もあるので、こういった人が感染したら特に注意する事が大切です。
 前述したように結核は感染症の一種なので、人から人へうつる事もあるため集団生活等では集団感染の可能性が出て来ます。
集団感染を防ぐためにはまず最初に患者を他の人と離して、別の部屋に隔離する事が基本となります。
看護をする人もうつらないように注意を払う事が重要で、看護する際はマスクや手袋等を装着するのが望ましいです。

スポンサーリンク

 結核を発症した場合に現われる症状としては発熱や倦怠感、痰が絡んだ咳等といった風邪に似たものが挙げられます。
そのため初期の段階で判断するのが難しく、風邪と勘違いして間違った対処をしてしまう事も少なくないです。
 この感染症の症状として有名なものに咳があるのですが、発生頻度は非常に高いと言えます。
患者の多くに発生しますし、一日のうちの発生頻度に関しても朝から夜までずっと出続ける場合もあります。
風邪に似た症状とともにかなりの頻度で咳が出ている場合には、風邪ではなく結核を疑ってみたほうが良いです。
 病院で行なわれる治療方法については薬物療法を行なう事が多く、専用の抗生物質等が処方されます。
抗生物質は2種類以上を組み合わせる事も多いのですが、これは従来の抗生物質に耐性のある菌も退治するためです。
 ちなみにこの感染症の菌は増殖のスピードがとても遅い事でも有名で、完全に退治するには長い時間がかかります。
一般的には抗生物質等の服用を半年以上続けるとされているため、回復を焦らずに治療を続ける事が大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加