結核 症状 レントゲン

結核を発症した時に見られるレントゲンの症状について等

スポンサーリンク

結核とは結核菌を原因とする感染症で、数多くある感染症の中でも特に知名度が高い感染症だと言えます。
日本でも古くから患者が出ている感染症で、昔は発症すると治る事のない不治の病として認識されていました。
現在では医学が進歩したおかげで、高い効果を期待出来る予防方法や治療方法が確立されています。
ただ抵抗力が落ちている人や年配者が発症すると症状が重くなる事もあるので、くれぐれも注意が必要です。
 前述したように結核は感染症の一種なので、人から人へとうつる可能性も充分に考えられます。
この感染症は空気感染を主として広まるので、患者の咳を直接浴びたりする事のないように気を付ける事が大切です。
また咳等を直接浴びなくても、空気中を舞っている菌を吸い込んで感染する事もあるので、油断しない事が重要だと言えます。
空気感染は集団生活の場で患者が出ると一気に広まる事があるので、学校等で患者が出た場合にも感染拡大予防に力を入れる事が大切になります。

スポンサーリンク

 結核を発症した場合に現われる症状については咳や発熱、全身の倦怠感等といった風邪に似たものがあります。
それ以外にも肺で菌の増殖が起きる事が多いので、レントゲン検査でも症状の特徴を確認する事が出来ます。
本来レントゲンで撮影された肺は骨等以外の部分は曇り等がなく、綺麗に透き通っているように見えます。
しかし結核を発症している人の肺のレントゲン写真は、白くもやもやとした影のようなものを確認する事が出来るのです。
 発症した場合の具体的な治療方法については薬物療法を行なう事が多く、専用の抗生物質等が処方されます。
最近では従来の抗生物質に対して耐性を持った菌も増えているため、こうした菌も退治するために2種類以上の抗生物質を組み合わせる事もあります。
 結核菌は他の菌と比べると増殖スピードがとても遅いという特徴があり、これによって治療期間が長くなる事も多いです。
一般的には抗生物質の服用を半年以上続けるとされているため、効果を焦らずに地道に治療を続ける事が大切だと言えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加