赤ちゃん 結核症状

4歳以下の幼児や1歳未満の赤ちゃんは結核症状が重症化しやすい

スポンサーリンク

結核とは、結核菌を持っている人が咳やくしゃみなどをして、他の人に感染してしまう病気の事を言います。
飛沫感染によるものであるため、咳が2週間以上続くといった人や結核になっていると診断されている人は4歳以下の幼児や1歳未満の赤ちゃんに移さないように心がけましょう。
従来では結核は治す事が出来ない不治の病であり、この結核症状によって命を落としてしまう人が多く見られていました。
しかし、現在では医療技術の進歩によって、結核は治る病気だと言われるようになりましたが、4歳以下の幼児や1歳未満の赤ちゃんが結核菌に感染してしまうと、重症化しやすいという事が分かっています。
結核症状の初期症状としては、発熱又は微熱・咳が出る・だるそうといったものが挙げられ、稀にこれらの初期症状が現れずに重症化してしまう事もあるので、注意が必要です。
これらの初期症状が見られた場合には、早期のうちに病院に行って診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

結核菌は血液に流れて全身に回る病気であるので、4歳以下の幼児や1歳未満の赤ちゃんなどに多く見られる重症化した場合の結核症状としては、手足が麻痺したり、肺結核になるという事が挙げられます。
また、脳に病巣を作ってしまった場合は結核性髄膜炎という病気にかかってしまったり、更に重症化すると粟粒結核になってしまい、命を落とす場合もあり、自分で呼吸をする事が難しくなります。
結核を予防するための予防法は、生後2ヶ月から受ける事が可能になる予防接種をしっかり受けておく事が大切であり、体調を崩してしまうと予防接種は受けられなくなるので、確実に予防接種を受けられるようになるためには、早めに受けておきましょう。
このように、結核症状は重症化してしまうと、命の危険に関わる病気になってしまう事もあるという事が分かります。
4歳以下の幼児や1歳未満の赤ちゃんは抵抗力が少なく、重症化しやすいので予防接種は早めに行っておき、結核を予防する事が大切だと言えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加