結核 咳 特徴

結核になった時の咳の特徴

スポンサーリンク

結核は、結核菌に感染することで起こる病気なのです。
感染しても全ての人が発病するとは限らないでしょう。
健康であれば菌を吸い込んだあとも、免疫によって菌を抑えこむことができるでしょう。
体力が低下していたり、他の病気によって免疫機能が働かなくなることで抵抗力が落ちている場合などに発病する可能性があるのです。
結核はきちんと治療することで完治させることのできる病気なのです。
早期に発見して治療することが大切ですが、初期症状は風邪と似ているため見逃してしまうケースが多いでしょう。
結核の初期症状の特徴には、発熱、咳、食欲不振、痰、倦怠感などがあるのです。
風邪の場合の咳は、通常1〜2週間程で完治することが多いのです。
3週間以上咳が止まらない場合は注意が必要でしょう。
咳の特徴は、ゴボゴボと湿った感じになり痰が絡むようになるのです。
血痰が出ることもあり、体調の良い日と悪い日が交互に襲ってくるのも特徴の一つでしょう。

スポンサーリンク

初期症状が出ているのに放おっておくと、周囲の人に菌を撒き散らしてしまうことになるので気をつけましょう。
ストレスを溜めている、糖尿病や腎臓病など慢性疾患がある、大きな手術をした、栄養不足、HIVに感染している、抗がん剤やステロイド剤を使用している場合は結核になりやすいので注意が必要です。
薬物療法によって治療する事が多いでしょう。
薬をしっかり服用することで、6ヶ月〜9ヶ月で完治させることができるのです。
症状が良くなったからといって、自己判断で薬を止めてしまうと菌が生き残り治りにくくなってしまうでしょう。
症状が重い場合は、入院して治療を進めていくこともあるのです。
有効な薬物療法を行うことで、2ヶ月〜3ヶ月で退院することができるでしょう。
結核にかからないように予防するには、十分な睡眠をとることが大切です。
バランスのとれた食生活を心がけて、適度に運動を行いましょう。
定期的に健康診断を受けることも予防方法の一つなのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加